喜ばれるように考える|お祝いに迷っているならまずクリックしてみよう

お祝いに迷っているならまずクリックしてみよう

喜ばれるように考える

家族

タイミングをはかる

知り合いが新しく家を新築したときに新築祝いを贈る場合、贈る時期には気をつけることが必要です。その人が新築した家をお披露目するためにパーティーなどを行う場合には、その時に持参するのも良いかもしれません。一方で、お披露目という形を持たない場合には、家が完成した後半月くらいまでには贈るようにしたほうが良いでしょう。また、中古の家やマンションなどを購入した場合のお祝いには、新築祝いでは少し違和感があるという人もいるようです。その場合には、引っ越し祝い、またはお祝いの気持ちを表す意味でお祝いとだけしても良いでしょう。この場合も、新しい住まいに移ってからなるべく早くに贈ることが望まれます。新しく家を建てた人に贈る場合と同様に、時期には気をつけることが大切です。

希望を聞く

当然のことですが新築祝いに贈るものは新居にふさわしいものが良いとされています。そしてコンロや灰皿など火に関する道具や火を連想させるような贈り物はするべきではないといわれています。このことは充分に気をつけておく必要があるでしょう。新築祝いには置くタイプや壁にかけるタイプの時計、花瓶や観葉植物などを選ぶ人が多いようです。また傘立てや玄関マットなど玄関で使用するもの、キッチンマットやカップやスプーンなど食器のセットなどキッチンで使用するものも喜ばれます。新居で手軽に使ってもらえるものが最適な新築祝いだといえますが、相手が必要としているものを見極めることができればなお良いでしょう。悩むようであれば、相手に直接何を必要としているか、どんなものがほしいかを聞くことが一番良いかもしれません。選ぶのに迷うことも、贈った先で使われずに置いておかれることもなくなります。