お祝いに迷っているならまずクリックしてみよう

気持ちは伝わるものです

親子

インターネットで検索するとたくさん出てくるので、結婚式で両親へのプレゼントに一体何を贈ればよいのか迷ってしまいますが、一番大切なのは気持ちを込めて贈ることではないでしょうか。何を贈るかも大切ですが、気持ちのこもったプレゼントほどうれしいものはありません。

もっと見る

ハーフバースデーを祝う

ウーマン

母子双方を対象にする

赤ちゃんが生後6か月ごろになった時に行うのが、ハーフバースデーのお祝いです。当初は海外で夏休み期間に誕生日を迎える、子供の為のパーティーとして開かれていました。日本では赤ちゃんの健やかな成長と、母親をねぎらう目的でお祝いを贈ります。友人たちや家族が集まって祝うのです。ハーフバースデーは母子を対象にしているので、お祝いも両方を対象にして選ぶのがコツです。赤ちゃん用にはベビードレスや、頭部を飾り付けるベビークラウン、それから絵本などもいいでしょう。母親用には、これから撮影する写真を収納するためのアルバムやプリザーブドフラワーなどが適しています。子供用に離乳食をケーキ風に作り、母親用には小型のケーキを贈るのも素敵です。

足形や手形のギフト

赤ちゃんの頃は、人間はものすごいスピードで成長していきます。小さかった時期の記録を残しておくと、その子供が将来大きくなった時に親子で懐かしむことができます。赤ちゃんの足形や手形を使ったギフトは、生後半年の手足を振り返ることができるので、おしゃれな成長記録として広まっています。手作りで済ませることもできますが、専門の業者に頼むことでインテリアとしても優れたデザインのパネルを作成してもらえるのです。手形や足形をもらって、業者に製作を依頼してパネルなどをお祝いに渡すと喜んでもらえるでしょう。実際に作られた作品のポートフォリオを公開しているところなら、出来上がった品物のイメージもつかみやすいはずです。

贈ると喜ばれる物

贈り物

お中元は日頃お世話になった人に贈る物で相手の気持ちを考えた物を贈る事です。贈る相手は人によってそれぞれです。中元ののし紙は手渡しと宅配で内のしか、外のしか違っているので気をつけましょう

もっと見る

喜ばれるように考える

家族

家を新築した人に贈る新築祝いは、贈る時期をきちんと考えることが大切です。新居に移ってから少なくとも半月以内には贈るようにした方が良いようです。お祝いの品物は新居にふさわしいものが望まれますが、できれば相手に何が必要かを尋ねるほうが、より喜ばれるものを贈れることになるでしょう。

もっと見る